業者が芝刈り

家の庭などに生えている芝生も定期的に手入れをしなければきれいにはなりません。そればかりか枯れてしまうことも考えられます。芝生の手入れの方法としては大きく分けて4段階存在します。その方法は芝刈りと水やりと除草と肥料です。これらの工程の中で特に費用が掛かるものとして芝刈りと除草剤などの薬剤の散布があります。個人で行う場合、人件費などの費用は発生しませんが芝刈り機の購入費用と薬剤の費用が掛かります。業者に依頼する場合、芝刈りは1平方メートル当たり1000円から3000円ほどかかり、薬剤の散布は3000円から4000円ほどになります。しかし、ほとんどの場合、スポーツを行う施設のような管理は必要ではないので年に数回で大丈夫です。

芝生の手入れは月によってその内容が異なります。季節に合った適切な方法をとることでコストが安くなり手入れの効果も高くなります。しかし、芝生にもいくつかの種類がありその芝生に合った方法を行う必要があります。そして、大きく分けると日本芝と西洋芝に2種類です。例えば春ごろの芝生の手入れ方法として日本芝の場合水やりなどは必要ありませんが芝生が最も成長する季節であるため芝を植えるのに適しており、また芝刈りを行うことで傷んだ芝の補修にもつながります。同じ時期の西洋芝の場合は乾燥に弱いため水やりは必須ですが、芝の伸びもよいため芝刈りも定期的に行う必要があります。このように今生えている芝の特徴により行う手入れ方法が異なるのです。